最低限の備蓄を始める!

防災
スポンサーリンク

地震・台風・大雨等の災害がここ最近多いです。最低限の備えしておこうと思いました。

本当に最低限しか揃えてないので、これから増やしていこうと思います。

人間の体の約6~7割は水分で出来ています。

災害現場では、72時間(3日間)が生命維持の壁と言われています。

水は、3日飲まないと生命にかかわってきますので、一番先に準備しておきたいですね。

1日1人3リットルの水が必要になります。家族分(3日間分)用意してます。

後忘れがちなのですが、トイレの水を流す水も必要になります。

普段からお風呂の桶に水を貼っておくなどの対策をしておくといいです。

前の晩のお湯を翌日沸かす直前に抜いて、お湯を貯めてます。

食料

最低でも3日分の食料を用意しておくのが良いようです。

以前は食料を大量に備蓄していましたが、家族に見つけられてはすぐに食べられていました。

また買い足していけばいいのですが、すぐに無くなってしまうので、今はしてません。

カップラーメン・チョコレート・ビスケットなどを大量においていたら、見つけ出して夜中に食べてたりするんですよ…。

家族の健康の為にも、家計の為にも辞めました。

アルファ米・カンパン等の備蓄をするようにしました。これなら食べないです。

持ち出し用のリュック

普段から、必要なものをリュックに詰めて用意しておくといいそうです。

家族分いるみたいなんですけど、これはまだ用意していないです。何を入れるかで悩んでしまいますし、揃えると結構費用がかかりそう…。

今は水・食料・救急用品などの必要なものが、リュックに纏めて入っている防災リュックが売っています。これを用意していてもいいかもしれないです。

まとめ

他にも大事だと思ったのは、普段からの心の準備だと思いました。

災害は忘れたころにやってくるといいます。油断せずに普段から備えておきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました