スポンサーリンク

夫がうつ症状5話 「考え過ぎて疲れる。支える家族の健康第一」

うつ

うつ症状の回復は長い時間がかかるので焦りは禁物。

解ってはいるのですが、夫の言動で一喜一憂する毎日。

うつについても時間があれば調べていました。

そしたら、昨日耳鳴りしだして気分が悪くなりました。

これはアカン!となり、うつ病について調べることも考える事もシャットアウトするようにしました。

すると耳鳴りは消えていつもと同じく元気になりました。良かったー。私まで調子が悪くなったらどうしようかと思いました。

支える自分の健康を第一に!

昨日耳鳴りで気分が悪くなりました。夫を気遣いうつ病について調べたり考えたりする不安な毎日。何事もやり過ぎはいけませんな。

就職活動を急いでしたりとか、自分では気づかないうちに心に負担がかかっていたのかなと思いました。自分が何とかしないといけないと言う焦燥感もあって。

支える方が倒れてしまうと共倒れになってしまうので、まずは何よりも自分の事を気遣い大切にしようと思いました。

夫の様子・接し方

昨晩はいつもより話しかけてくれて会話をしてくれました。最近は話しかけても生返事が帰って来るだけなので、自分からは話しかけるのを減らしてました。

娘ともおしゃべりして爆笑してました。

今朝は朝食後眠ることなく出社。薬ちゃんと飲んでるかしら…。

表情はいつもほど深刻でないももの、元気はない感じ。

眠れてるしご飯も食べれているのでそこは安心。

症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すらしいので一喜一憂してる場合でないけれど、少しでも元気が出てたりするとやっぱり嬉しくなりますね。

病院に行く前の頃はすごく落ちてて。気持ちがしんどすぎて胸が苦しいと言われたときには可哀そうすぎて泣いてしまいました。

4月入ってからはそんな感じでずーっと毎日毎日凄い回数ため息ついてました。

そういえば最近ため息が減ってる。と言うかほぼ聞かなくなった。顔つきも明るくはないけれど、以前ほどの重苦しさは無くなってきてます。

3月~4月初旬頃の酷かった状況を思い返すと、病院に行ってから少しずつですが症状は改善されているように思います。薬物療法効いてるのかな?

うつ症状が最初に始まった頃がいつだったか考えても思い出せないです。

酷くなったのは3月くらいからで。

それ以前も気分が沈んでいることが増えていたように思います。

最後に

うつ病は遺伝的な要素もあったり人それぞれケースが違うので、どんな情報も参考程度にするようにしてます。我が家のケースもこんな人も居るんだ程度で読んでくださいね。

3ヵ月で復活する人もいれば10年以上かかる人も居て。完全に治る事はなく、寛解と言って症状が出ない状況に持って行く事。再発することも多い等、考えれば考えるほど不安になるので…。

難しいですが、自分の事に目を向けるようにして心の健康を保つ努力してるところです。

タイトルとURLをコピーしました