マスクが残り少ないので、布マスク縫ってみた。

日常
スポンサーリンク

マスク残りが少なくなってしまった…。

小中学校が始まるにあたって、布マスクを一枚ずつ配布してくださるみたいですが…。

公文でもマスク必須なので、洗い替え用も要ると思い布マスクを縫ってみました。

ガーゼマスクを縫ってみた。

白色のガーゼが軒並み売り切れていたので、クリーム色のガーゼを買って縫ってみました。

マスクの紐もセットで付いていたので助かりました。

ガーゼをアイロンがけして両端を二か所縫ったら出来上がり。

ミシンを出すのも面倒だったので、手縫いしました。

子供二人と自分の分と6枚縫いました。

主人は不織布マスクを洗ってます…

花粉症用に買ってあった不織布のマスク。

残りが10枚足らずとなってしまいました。

なので、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗って再利用してます…。

マスクとしての機能は低下するらしいので、あまりお勧めしませんが…。

苦肉の策です。

それでも2.3回使用すると使えない感じにくたびれるので、無くなったらどうしようかと思ってます。

夫は色付きの布マスクは、さすがに会社で付けられないと言ってます。それはそうだろうなと納得。

なので、夫用の白の布マスクを今注文して入荷待ちの状態です。

数カ月かかるみたいなので、それまで不織布のマスクを洗いながら持たせようと思ってます。

最後に

箱ティッシュは、いついってもお店に置いてる状況になって良かったです。

トイレットペーパーはいつもある感じではないですが、たまに見かけるようになりました。

マスクは病院でも不足しているみたいなので、なんとか布マスクで乗り越えようと思います。

タイトルとURLをコピーしました