ダメだと解っていながら勉強出来ない息子。中3くらいから落ち着く?

中学生
スポンサーリンク

本人はこのままでは駄目だとよくよく解っているご様子。

公文の先生や大学生の子の話をもとに、やはり見守り続けることを誓いましたw

親としてはすごく我慢が要りますし、つい言っちゃうことありますがそういう時は見ないようにしてます。

目に入るとどうして期末テストに向けて動いているのかとガミガミ言いたくなります。

本人も重々分かっている

先生に相談したところ、本人も今のままでは良くないと言うのは解っているけれど、自分ではどうしようもないみたいです。

本人としても悩みながらも少しずつ良くなってきているので見守るのが良いとのこと。

そして、親から言われるとどうしても腹が立ち素直に聞けなくなるお年頃…。

公文の先生方が人生の先輩として色々と諭してくれてるみたいです。

本当に親から言っても逆効果にしかなってないなぁーと思うので、ここは第3者におまかせして、母は暖かく見守ろうと思います。

大学生の話

現在大学生の人のお話です。

我が子と同じように反抗期を迎え、勉強に行き詰っていた中学1.2年を過ごしたそうです。

中学3年生くらいになり、受験目前には心境も落ち着き自ら勉強するようになったそうです。

勉強に行き詰っていたころ、親にどんなサポートをして欲しかったか聞いたところ

「何も言わないでほしかった」らしいです。

そっとしておいて欲しかったと。

自分で決めさせる

「勉強しなさい!」ではなくて、

「いつからするの?」と問うのがいいみたいです。

いつから勉強するのかを自分で決める事が重要だそうです。

自分で決めた事なので守る様になるのだとか。

見守ると言っても全く放置という訳では無くて、たまには声を掛けるのも大切なんですね。

まとめ

今のうちに、思春期の葛藤を十分にさせてあげる為にもやっぱり見守るのがいいみたいです。

するとだいたいの子は、中学3年生の受験前になると落ち着く子が多く、そこからエンジンがかかったりすることが多いとのことで。

そうなる事を願うばかりです…。

「暖かい食事に温かいお風呂等と衣食住を整えていてあげれば何とかなる!

我慢強く見守っていきましょう!」

との励ましの言葉を頂きました。心強い限りです。

タイトルとURLをコピーしました